プログラム

全体スケジュール(概要)

1日目 11月5日(日) 18:30~ レセプション
2日目 11月6日(月) 9:00~10:10 オープニングセレモニー
10:10~10:30 コーヒーブレイク
10:30~12:00 全体会議1:講演形式 会議メインテーマ 「持続可能な社会の実現に向けた住まいづくり」とわれわれの果たす役割
1.実行委員長挨拶
2.国交省
3.基調講演
12:00~13:30 昼 食
13:30~15:00
分科会Ⅰ-A
 住宅建設と消費者の満足
各国の住宅市場の状況等を踏まえ、新築住宅に係る品質の確保、瑕疵の保証やADRの仕組みなど、消費者を保護し満足等を高める取り組みをキーワードに話し合う。
分科会Ⅰ-B
 既存住宅の有効活用
各国の既存住宅市場、その活性化に有効な住宅ローンの提供、リフォーム工事の品質向上、保険の必要性等の課題について話し合う。
分科会Ⅰ-C
 住宅保証・保険市場の現状・課題
各国の住宅保証・保険市場及び再保険市場における、最新の状況、保険リスク、生き残り戦略等の課題について話し合う。(次のセッションと計二部を通して)
15:00~15:45 コーヒーブレイク
15:45~17:15
分科会Ⅱ-A
 プレハブ住宅と未来の住宅
各国のプレハブ住宅等の需要、建て方、材料とコスト削減、品質維持、省エネへの取組等をキーワードに話し合う。
分科会Ⅱ-B
 住宅政策/規制/金融
住宅建設、開発プロジェクトの資金面において大きな効果を与える住宅金融や住宅財政政策について、各国の規制の内容、住宅保証機関の取り組み等をキーワードに話し合う。
分科会Ⅱ-C
 住宅保証・保険市場の現状・課題
日本を含めた各国における市場の競争等の課題について話し合う。(前のセッションと計二部を通して)
18:00~ ジャパン ディナー
3日目 11月7日(火) 終日 視察 積水ハウス・住まいの夢工場(古河)/歴史建造物(鎌倉)
4日目 11月8日(水) 9:00~10:20
全体会議2 : 講演形式
金融、経済に関連したテーマ
10:20~10:50 コーヒーブレイク
10:50~12:20
全体会議3:パネルディスカッション形式
自国のクレームや災害についてケーススタディ、並びにこれに対する措置等を発表、ディスカッション
12:20~13:50 昼 食
13:50~15:20
分科会Ⅲ-A
 ビルダーの取組み
日本を含めた各国における不具合・クレームの少ない住宅の品質の確保を中心に、生産効率、廃棄物削減、新技術の採用、品質管理、コストダウン等をキーワードに話し合う。
分科会Ⅲ-B
 住宅ニーズ/社会住宅
良質な住宅ストックの形成、低所得者が入手可能な住宅の提供等に対する、社会経済の変化が著しい各国における具体的なプロジェクトの紹介とその成果等をキーワードに話し合う。
分科会Ⅲ-C
 インスペクション/住宅金融との連携
ローン実行や保証提供等に際して導入される、住宅のインスペクション、品質評価等の課題について話し合う。
15:20~15:40 休憩・移動
15:40~16:30 クロージングセレモニー
19:00~ ガラ ディナー

詳細につきましては随時更新いたします。

お問い合わせ

IHHWC(国際住宅建設・性能保証会議)2017 事務局
一般社団法人 住宅瑕疵担保責任保険協会内  E-mail: IHHWC2017@kashihoken.or.jp
〒105-0004 東京都港区新橋3-1-11 長友ランディックビル2F Tel: 03-3580-0236