IHHWCとは

国際住宅建設・性能保証会議(IHHWC)とは

各国の持ち回りで3年に一度開催される会議で42年の歴史があります。世界各国の住宅建設業者、デベロッパー、住宅保証運営機関の代表者、保険会社、金融機関等が参加します。また、住宅政策、業界に影響力の大きい方の出席も恒例となっています。日本は第3回(1984年)から継続参加しています。
常設の事務局はなく、毎回主催国の住宅関連団体あるいは住宅保証(保険)機関が事務局を務めます。プログラムの設定、参加者の募集、費用の捻出(参加費の設定)等主催国の裁量に任されます。国際住宅建設・性能保証連合(IHHWA*)が強力なバックアップの母体となっています。

*IHHWA:
国際レベルで住宅建設にかかる保証や保険の効用を促進する目的で1993年に設立されたAEHWO(欧州住宅保証機関連合)から名称変更(2010年)した組織。メンバーは12ヶ国14機関

国際住宅建設・性能保証会議(IHHWC)の目的

  • 住宅保証制度に関する情報交換
  • 住宅供給に関する種々の問題(消費者ニーズ、苦情処理、住宅金融等)に関する情報交換
  • 上記に加えて民間レベルにおける相互協力(ノウハウ提供等)

【意義/参加のメリット】国内外参加者および関連企業との良好な関係の構築が可能。海外の各種最新情報等を得ることが可能

お問い合わせ

IHHWC(国際住宅建設・性能保証会議)2017 事務局
一般社団法人 住宅瑕疵担保責任保険協会内  E-mail: IHHWC2017@kashihoken.or.jp
〒105-0004 東京都港区新橋3-1-11 長友ランディックビル2F Tel: 03-3580-0236